Faculty of Agriculture

農学部

龍谷大学農学部実習農場(大津市牧地区)で開講している「食の循環実習」では、農作物の多様な特性を理解するために、様々な作物の栽培実習を行っています。イネについても、田植えから収穫、乾燥、調整、試食を行い、お米の生産を通じて、Farm to Tableについて考えることのできる人材を育んでいます。農場がある牧地区は、昼と夜の温度差(日較差)が大きく、肥沃な土壌と豊富な水といった美味しいお米を生産する条件がそろった土地ですが、次代を担う学生達の「食への思い入れ」もこのお米に良い味を加えていると思います。

Farm to Table[ファーム トゥ テーブル]

食品の安全性を確保するための、生産者(農場)から消費者(食卓)まで一貫した安全管理をするという考え方。

「世界で一つの教科書 ~おにぎり編~」

Variety Introduction「龍谷米」品種紹介

  • 品種「にじのきらめき」

    学名:
    Oryza sativa L. cv. Nijinokirameki

    虹のように多彩な特性を持つこととキラキラ艶やかなことが名前の由来。粘りの強さが特徴で食味はコシヒカリと同等以上と期待されています。
    世界的な気温の上昇に伴い、コメの実りが悪くなっている昨今、この品種は高温条件下でもよく実り、外観の品質がよく日本のほとんどの地域で栽培可能とされています。

  • 品種「つきあかり」

    学名:
    Oryza sativa L. cv. Tukiakari

    つきあかりのようにご飯が優しく光り輝くように見えることが名前の由来。光り輝くだけでなく極良食味米として育種されたこのお米は、冷めても美味しくお弁当やおにぎりに向いています。
    栽培上の特性として、早い時期から収穫のできる品種であるとともに、収量はコシヒカリよりも多いとされています。

  • 品種「みずかがみ」

    学名:
    Oryza sativa L. cv. Mizukagami

    滋賀県の豊かな自然環境に配慮して栽培された品種。日本で初めて夏の高温に対策したお米です。炊き上がりはキラキラつややか。程よい粘りとまろやかな甘みでご飯を食べる楽しさを実感させてくれます。冷めてもおいしく、お弁当やおにぎりに最適です。

  • 品種「ミルキークイーン」

    学名:
    Oryza sativa L. cv. Milky Queen

    もちもちとした食感が好きな方、米本来の味を楽しみたい方にお勧めです。
    アミロース含有量が低く、粘りが強く冷めても硬くなりにくく、香りがいいのが特徴です。

  • 品種「ヒノヒカリ」

    学名:
    Oryza sativa L. cv. Hinohikari

    コシヒカリを父に持つ食味の良さが特徴。
    粒はそんなに大きくはありませんが、肉厚で全体に丸みを持っています。米自体の味が濃くないので味の濃いおかずや、オムライス・炒飯・丼物などもソースやケチャップ等でべたついた食感にならずよく合います。

  • 品種「にこまる」

    学名:
    Oryza sativa L. cv. Nikomaru

    微笑みがこぼれるほど美味しいことと丸々とした粒張りの良さをからこの名前が付きました。
    高温による品質低下(白未熟粒)が少なく、多収で品質も良好な暖地向きの中生種。日本最大のお米コンクール「米・食味分析鑑定コンクール」では近年「にこまる」の入賞が多く、味の良さは広く認められてきています。

Request Information

資料請求