「食の循環」から農をとらえ、
地球的課題の解決を図る

農学部では、瀬田キャンパスの近くに、約2.7haの実習用の牧農場と、研究用圃場の堂農場を有している。牧農場では、米・麦・大豆や、季節ごとの野菜等を栽培し、実際の農地での学びに触れることで「食」と「農」への理解を深めます。堂農場では、研究室に配属された3年次以上の学生と教員がそれぞれ特徴ある研究を進めています。

特に牧農場では、4学科の垣根を越えてすべての学生が農場で学べるように、1.2年次に「食の循環実習」を配置し農作業を体験します。この意義は、種をまき、育て、収穫し、流通させ、食するという「循環の概念」を体験から理解することに繋がります。そして自分たちが耕した農地を持続性次の学年へ引き継いでいくという継承を行うことで、農場の持続的な循環の大切さを意識させています。

News

ニュース

Research & Field work

学生・教員の取り組み
  • 牧農場
  • 堂農場

Products

商品

農場収穫物を使用した料理レシピ動画

  • 空豆と干し海老の土鍋ごはん

    料理・解説 「一子相伝京の味 なかむら」 店主 中村 元計さん

  • そら豆の卵とじ

    料理・解説 「直心房さいき」 店主 才木 充さん

  • そら豆と帆立のかき揚げ

    料理・解説 「木乃婦」 店主 髙橋 拓児さん

  • 農学部×石野味噌×cenci (坂本 健 氏)
    「鶏ミンチと九条ネギのスパゲティ白味噌風味」

  • 農学部×石野味噌×美山荘 (中東 久人 氏)
    「白味噌松風 柚子の香」

Farm manager & Assistant

農場長/助手

農場長(2020年度)
資源生物科学科教授

樋口 博也

現代の若者は、農学部を志望する学生でさえ、土にふれる、農作物を育てる、農作業を行うというような機会は減ってきています。龍谷大学農学部は、人の「いのち」を育むために不可欠な「食」と人々の豊かな暮らしに貢献する「農」の役割や意義を体系的に学ぶことを目的に2015年に開設されました。この学部理念を体現する場のひとつとして、牧農場も農学部開設と同時に発足しました。農学部4学科(植物生命科学科、資源生物科学科、食品栄養学科、食料農業システム学科)全員の必修科目として「食の循環実習」があり、牧農場で1年生後期から1年間、農作物の栽培、収穫、加工、消費を体験します。また、資源生物科学科3年生の専門科目実習では、農作物の生育調査、品質調査、農作物をめぐる環境要因に関する調査などを行い、フィールド科学の研究手法や解析方法を学びます。この牧農場での体験を通じて、学生達は「農」と「食」を身近に感じ、これからの農業のあり方や環境問題などにも視野を広げ、社会が抱えるさまざまな課題に対して、農場で得た体験、知識、技術を基盤として立ち向かっていってほしいと考えています。

Access

アクセス
  • 牧農場
  • 堂農場

牧農場

滋賀県大津市牧二丁目 / Tel.077-548-8550
瀬田キャンパスから専用バスで約15分

堂農場

滋賀県大津市堂一丁目
瀬田キャンパスから徒歩15分

Request Information

資料請求